BUSINESS SUMMARY

事業概要

佐賀県を舞台に新産業を生み出す実行者である「プレイヤー」と、リソースを提供しプレイヤーと新産業を生み出す共創者である「パートナー(個人・企業)」とが供に活動するコミュニティを形成しています。
年間の活動を通じて、「プレイヤー」は事業ブラッシュアップやマネタイズなどの<事業の足場づくり>を、「パートナー」はプレイヤーと密につながり最適な支援を実施し<共創の機会を創出する>ことを目的としています。

Role

取り組み

機運醸成イベント

機運醸成イベント

県内外の関係者を巻き込んだイノベーションに関する機運醸成イベントの開催
県内プレイヤーのコミュニティ形成を目的とした交流イベントの開催

セミナー・ワークショップ開催

セミナー・ワークショップ開催

学生向けの起業家育成や、社内起業家向けの新規事業創出に繋がるセミナーやワークショップを開催

成長促進プログラム

成長促進プログラム

アクセラレーションプログラム(成長加速事業)の開催
専門家等の支援者によるメンタリング等を実施

発信機会の創出

発信機会の創出

県内地場企業やベンチャーキャピタル・金融機関などに向けたピッチイベントの開催
県内外ビジネスプランコンテストへの参加促進

SCHEDULE

全体スケジュール

起業や新規事業など新産業の創出を目指す「プレイヤー」のアイディア発掘からビジネスプランを精緻化するところまで、年間のイベントやワークショップ、アクセラレーショプログラムを通じて支援します。「パートナー」にも各イベントやワークショップ等に関わっていただくことで、「プレイヤー」はビジネスプランをより具体的かつ実効性のあるものに昇華させることができます。
また、「プレイヤー」と「パートナー」が集うコミュニティ形成のためのイベントを、毎月1回を目安に開催します。

佐賀に所縁のある3人の挑戦者達。
起業や新たな事業創出への思いがあった・・・

地元佐賀の高校を卒業後、東京の大学へ進学。
念願だった外資系メーカーに入社し、社会人6年目。上司や同僚からの信頼も厚く、大きなプロジェクトチームのリーダーにも抜擢。
若手社員の中でも頭角を現している。
ある日、イスラエルから帰国した同級生との再会を機に、スタートアップに強い関心を寄せ、地方からの展開を視野に起業を志すようになる。

福岡の大学を卒業後、中堅機械メーカーに6年勤務。28歳のとき家業である佐賀の板金会社に入社。
約2年の実務経験を経て、30歳の時に事業継承し常務に就任し5年目。
経営は社長である父がリードしており、現在は経営企画や新規事業を担当しているが、2年後には事業を継承する予定になっている。

東京の大学を卒業後、東京の広告代理店に勤務。親の介護もあり、地元佐賀の企画会社に転職。
今後の時代の変化に合わせて新しいサービスを開発しなければいけないが、現業との兼ね合いもあり、単独で開発することの難しさに直面している。

星田 蒼さんの場合
古賀 大輔さんの場合
新木 創男さんの場合