ABOUT

SGS(Startup Gateway SAGA)事業概要について

「地域経済が目指す未来の形を佐賀から」をテーマに、佐賀県内の企業や関係機関が一体となり起業や新しい事業を起こしていくための企画とコミュニティづくりに関する事業を通して、地域経済の進化に繋げていきます。
ビジネスの在り方ややり方が大きく変わっていく中で、組織を超えた事業創造は今後ますます加速していくと考えられます。
佐賀という地域の中で、企業規模や業種に縛られることなく、チャレンジャーが集い、交わることはこれからの地域が目指すひとつのやり方となるのではないでしょうか。
そのような場を盛り上げるために、多くのチャレンジャーが輩出され、共に成長する場へのご参画をお待ちしております。

Role

取り組み

機運醸成イベント

機運醸成イベント

県内外の関係者を巻き込んだイノベーションに関する機運醸成イベントの開催
県内プレイヤーのコミュニティ形成を目的とした交流イベントの開催

セミナー開催

セミナー開催

学生向けの起業家育成イベント・セミナーや企業向けの新規事業創出やDX(デジタルトランスフォーメーション)に関するイベント・セミナーの開催

成長促進プログラム

成長促進プログラム

アクセラレーションプログラム(成長加速事業)の開催
東京等でのメンタリング機会の創出(事業ブラッシュアップツアー)

発信機会の創出

発信機会の創出

ベンチャーキャピタル・金融機関など資金供給者向けピッチイベントの開催
県内外ビジネスプランコンテストへの参加促進
全国の各種コンテストへの参加促進

佐賀に所縁のある3人の挑戦者達。
起業や新たな事業創出への思いがあった・・・

地元佐賀の高校を卒業後、東京の大学へ進学。
念願だった外資系メーカーに入社し、社会人6年目。上司や同僚からの信頼も厚く、大きなプロジェクトチームのリーダーにも抜擢。
若手社員の中でも頭角を現している。
ある日、イスラエルから帰国した同級生との再会を機に、スタートアップに強い関心を寄せ、地方からの展開を視野に起業を志すようになる。

福岡の大学を卒業後、中堅機械メーカーに6年勤務。28歳のとき家業である佐賀の板金会社に入社。
約2年の実務経験を経て、30歳の時に事業継承し常務に就任し5年目。
経営は社長である父がリードしており、現在は経営企画や新規事業を担当しているが、2年後には事業を継承する予定になっている。

東京の大学を卒業後、東京の広告代理店に勤務。親の介護もあり、地元佐賀の企画会社に転職。
今後の時代の変化に合わせて新しいサービスを開発しなければいけないが、現業との兼ね合いもあり、単独で開発することの難しさに直面している。

星田 蒼さんの場合
古賀 大輔さんの場合
新木 創男さんの場合